インターネットの誹謗中傷に対する方策としては!

インターネットというのは誹謗中傷があります

インターネットはさすがに色々な人が使っています。ですから、誹謗中傷されてしまうことがあります。それが正しいのかどうか、ということはともかくとして、対策はする必要があります。基本的には法律的に対策をするべきです。つまりは、正式に申告を出すわけです。その掲示板なりソーシャルネットワークなどの管理者に通告をします。これは裁判所を通しますととてもよいです。弁護士に依頼して実行すれば基本的にはほぼ対処できます。

どこの誰だかよくわからない

インターネット上のことですから、誰がやっているのか、というのがよくわからない方が多いです。ですから、絶対に見つからない、というわけではないです。そこがある意味では面白いところでもあり、狙い目でもあります。つまりは、サーバーからIPアドレスなどから辿っていけば確実に見つけられます。国内であればそれは確実といえます。海外のサーバー経由ですとさすがに厳しいですから、そのあたりは覚悟しておくべきであるといえるでしょう。

これからはどんどん介入してくれる

どうしても民事に関することですから警察などに関してはそこまで積極的にはならない、というのがありました。しかし、あまりにもインターネットでそうした事件が増えていますから、意外と対処してくれるようになっています。まずは警察に相談をする、というのも十分にありです。お金がかかることではありますが、弁護士に相談するのも最終的にはよいでしょう。法的に対処するのが基本的にはありますから、弁護士は見つけておくべきです。

逆SEOとは、SEO対策の逆で、検索順位を下げることです。手法としては、ターゲットのブログやサイトに対して、検索エンジンからペナルティを受けるようなリンクを送ることで順位をさげる手法が用いられます。